天から降りてきた言魂。

Tweet


LINEで送る

皆さんは、ダウン症の書道家 金澤 翔子さんを

ご存知でしょうか?

昨年12月に熊本パレアで席上揮毫された

翔子さんを直接、拝見出来た時の感動を

このブログに書きましたが



この写真は、12月のすまいるブログに掲載した時のものです。

数日前に東京への移動中、機内の時間つぶしにと

購入したPHPに掲載されていた

翔子さんのお母様の記事を

ここにアップしたいと思います。


写真では、読みにくいので下に解説を入力します。

ある席上揮毫で、翔子の筆が静かに進み、満員の会場が深く静まった。

静けさを引き裂くように突然、一人の男の子の声が会場に鳴り響いた。5歳位のダウン症の子が『わー、おー』と叫び始めたのだ。この声に会場は緊迫した。彼の声は止まない。どうしたらいいのか・・・・・。誰もが心を痛めている。翔子が集中できないでのはないかと、人々の不安な気配が痛いほど感じられる。困り果てていると、翔子が書いている筆を止めて、その子に向かって「応援ありがとう!」と大きな声ではっきりと言った。緊迫していた会場が、この一言で、ホッと柔らかになった。皆が救われた。あの時あの状況でこれ以上適切な言葉は無かっただろう。天から降りてきたような一言であった。書き終えても拍手が鳴り止まなかった。

※掲載文章は、ここまで

周りの大人(私も含め)が、思い浮かぶ対処法だと

翔子さんの集中を途絶えさせないために

何とか静かにするよう、その子の保護者さんにお願いする?

大声で騒いでいる男の子を、慌てて会場から出てもらうとか?

ところが、当のご本人が

その子に向かって「応援ありがとう!」と大きな声で伝えた。

なんと愛にあふれる言葉でしょう!!

自分の小ささが恥ずかしいですし

何かを守ろうとして、また

その向こうに存在する大切なものを失っている日常なのだと

気づかされた、翔子さんにしか無い

翔子さんだからこその魂の言葉に

心洗われた一冊となりました。 

感謝!



一般社団法人すまいる

ワークプレイス絆

所在地:〒869-1234 熊本県菊池郡大津町引水142番地 電話・fax:096-285-7575

NPO法人障がい者支援の会すまいる

就労支援センターすまいる        

所在地:〒869-1219 熊本県菊池郡大津町大林1027番地 電話・fax:096-294-1230 

URL* http://www.smile1230.or.jp/

理事長:伊藤智佳子

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示