事業主さまへ

ホーム  >  事業主さまへ

事業主さまへ

障がい者を雇用したい!とお考えの企業様・団体様のサポートを致します!

障がい者雇用までの流れ

1.「何のために障害者を雇用するのか」を明確にする
障害者雇用といっても、その範囲、対象とする職種、雇用形態など多様な形があります。まずは、自社がなんのために障害者を雇用するのか、明確にすることが求められます。

2.雇用したい障害者像を具体化する
障がい者雇用までの流れの写真自社の障害者雇用の目的が明確になったら、次は雇用対象とする障害者像を具体化します。障害者には、障害の部位や種別などが多岐にわたります。自社の事業の中で戦力となりそうな障害者像を明確にしておくことは、その後の障害者雇用プロセスを進めるためには必須の事項になります。

3.会社の設備や社内制度などの制約事項を洗い出す
障害者が実際に働く場所や自社の人事制度など、障害者雇用に当っては事前に確認し、状況に応じて整備などの必要なものがあります。障害者雇用導入の際には、障害者を雇用するまでに必要な準備を整えておきます。また、障害者を受入れる部門の状況や、部門責任者・担当者にも受入れに関する制約事項や条件・希望などをヒアリングしておきます。

4.ハローワークや就労支援団体に問い合わせる
実際に雇用したい障害者像や障害者を活用したい業務範囲が明確になったら、ハローワークや職業紹介業、障害者就労支援団体にまずは問い合わせをすることをお勧めします。就労支援センターすまいるでも、随時、障害者雇用に関するご相談に応じております。

5.面談・選考
雇用候補となる障害者の選考を行います。事前に障害の状況や本人の持つスキルなどを確認し、実際の面談では、本人のやる気や人柄、コミュニケーション能力などを確認するとよいでしょう。また、障害の種別によっては外見からは分からないものもあります。障害に応じた就労条件や考慮が必要な点などを直接本人に確認することも重要です。

6.採用決定・勤務条件の確認
障がい者雇用までの流れの写真自社の受入れ体制や面談の結果をもとに雇用する障害者を決定します。実際に採用する障害者が決定したら、本人と就労条件などを確認しますが、障害の種別や配慮が必要な面などが個人によって異なることがありますので、通常よりも細かい点まで確認することが重要です。また受入れる部署の責任者・担当者などにも、各種受入れ準備に関して事前に調整をしていくことも求められます。

7.採用後のフォロー・定着化の促進
障害者を雇用した後、実際に仕事を始めた障害者が貴社の事業に早く貢献できるようなサポートと定着化への継続的なフォローが必須です。

障がい者雇用の事例紹介(株式会社グリーンロジスティクス様)

障がい者雇用の事例紹介(株式会社グリーンロジスティクス様)の写真

2011年就職
高宮幸二さまと岩崎浩社長

株式会社グリーンロジスティクス様は、
企業をあげて障がい者の受け入れ、雇用の実践をされています。


「学習型企業」への発展を、企業理念にあげ、全社員が主役の会社を目指しておられます。社員の創意工夫や自主性が十分に発揮できる社風を創り、働く環境の中から互いに学び合い、尊重しあい、活力に満ちた心豊かな人間集団としての学習型企業を目指す。
と言う岩崎社長の想いを社員の皆様が受け止め、障がい者雇用についても、どうやって、社内に雇用を定着させていくか、真剣に論議され今回のように積極的に学ぶと言う時間も惜しみなく行動に移していかれる姿に、心より敬意を評し感謝致しております。

この様な貴重な機会を頂けた事で、私達も、もっとご利用者と共に会社訪問の機会を増やし、地域の社会資源や企業様を知りたいと思いました。
そして、今後も更に施設からの情報発信も継続して行かなければと感じました。誠に有難うございました。

障がい者雇用に関するよくあるご質問

社内施設が整っていないと、障害者雇用は難しいですか?
決してそんなことはありません。まずは、自社の施設がどういった状況か確認し、どういった障害者であれば受入れられるのか、といった点からご検討を開始されてはいかがでしょうか。
法定雇用率ってなんですか?
法定雇用率とは、「障害者の雇用の促進などに関する法律」に基づき自社の雇用労働者数(アルバイトなどを含む)に応じて雇用しなければならない障害者の割合のことです。法定雇用率を満たせないと障害者雇用納付金が課せられたり、違反企業として社名が公開される、などのペナルティがあります。
障害者を雇用すると助成金・特例金が出るのですか?
障害者の雇用数や職種などによって、政府からの特例金や地方自治体からの助成金など、多数あります。その他、税制上の恩典もあります。個別に条件などを確認し申請する必要がありますが、ハローワークや市役所などに確認するとよいです。就労支援センターすまいるでもご相談に応じております。
障害者の持つスキルはどのようなものがありますか?
健常者と同じように、障害者個人の経験や職歴によって異なります。就労支援センターすまいるでは障害特性に合わせた指導により、業務に対応可能なスキルの付与を行っています。雇用に向けた仕事の切り出しと関連がありますので、ご相談いただきたいと思います。
どのように障害者と接すれば良いか不安です・・・。
個別に障害の状況や配慮事項が異なりますので、本人や支援団体に確認して事前に障害の特性を理解していただくと対応しやすくなります。"障害者と接する"と言うよりも、むしろ"一人の個人”として接して頂ける方がスムーズではないかと思います。気負い無く意思疎通を図って頂けたら良いと思います。