職員による生活マナー講座を実施しています。


長引くwithコロナの生活。施設でも、これまでのように外部講師を

招いてのマナー講座は自粛しています。

思うように外出もできず、みんなで息苦しささえも感じそうな日々です。

 

ですが、こんな状況の中でも『出来ることを探そう』と言う事で

支援スタッフによるマナー講座を開催することにしました。

まず、9月8日㈫は看護師スタッフによる『感染症予防について』

なぜ手洗いが必要なのか? 自分の健康は、自分で守る努力をしよう!!など、大切な話しを具体的に話してもらいました。

 

 

 

 

9月29日(火)は、調理職員による生活マナー講座が行われました。
厨房での仕事内容や糖質についてのお話があり、利用者の皆さんとても真剣に聞いておられました。
調理や食材についてのクイズも行われ、皆さんとても楽しそうでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

つい、背中を丸めて呼吸が浅くなりがちな毎日ですが

今、出来ない事を残念に思うより、この日々をいかに

有効に活かすかを、これからも考えて行きたいと思いました。

 

投稿:伊藤智佳子

 

 

 

すまいるブログ  バックナンバー一覧
月別アーカイブ