はじめての絵手紙つくり。


吹く風、虫の音、高くなっていく空、赤とんぼ、あぜ道の彼岸花・・・。

何でもない日常の中にも、たくさんの秋を感じますね。

すまいるでは『芸術の秋』をまんきつ中です。

 

9月12日と、19日は2回にわたっての『絵手紙つくり』にチャレンジしました。

前日に、ゴム印ハンコで 名前をほって落款印も準備 OK。

全員が初めての経験でしたが、みなさん楽しそうに集中して取組んでくれました!!

 

 

かぼちゃ、さつま芋、おくら、トマト、落ち葉、身の回りのもの何でもがモチーフです。

 

  

 

それぞれの個性豊かな絵が、ハガキからはみ出す位の勢いで

とてもいい感じです。

 

      

 

 

 

絵具を使うのは、学校を卒業していらい久しぶりだとか。

 

こんなに集中して、完成したのは 「やさいだいすき」

かぼちゃ、さつまいも、トマト。 これからは施設給食の野菜を

残さず食べるんだそうです。 ユビキリしちゃおうかな~(笑) ヨカッタ~♪

↓ ↓ ↓

 

 

オクラを描いて、素敵な言葉を添えてくれました。

”まな板の上で  星になったよね  オクラ星”

 

お母さんへ いつも、ありがとう って、真っ赤なトマトです。

 

全員の元気あふれる作品は、施設内で展示中です。

近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り頂き ご覧ください!!

 

投稿:  伊藤

 

 

すまいるブログ  バックナンバー一覧