薪ストーブの、その後・・・。


 
すまいるの冬のトレードマークとも
なっている「薪ストーブ」ですが
これには、燃やす為の
『薪』の準備が不可欠です
 
 
 
 

 
 
 
 
できるだけコストをかけず
暖房ができたらと
昨年の施設リフォーム時に
取り壊された舎屋の廃材
ストックしていました
 
 
 
 
 
 
 
相当の量(おおよそ10トン)が
有ったのですが
この冬で3分の2位を消費しました

 
 
 
 
廃材なので、本格的な薪に
比べれば燃焼時間も短く
あっという間に燃え尽きてしまいます。
 
 
 
 
なので、ご利用者の皆さんが
ストーブの温度計を
見てくださって
 
 
『200℃をきりました』
次の薪をくべるタイミングを
職員に伝えて頂けて
温かい冬を過ごせました
 
 
 
3月もいよいよ下旬に入りそうな
今週は、残った薪の備蓄について
考えました。
 
 
 
 
 
まず、濡らさない
湿気がこもらないように保存できる
見た目にもイイ感じに
保存できたらいいね~と
話していて
 
 
 
 
ご利用者のNさんが
こんな立派な『薪小屋』
作ってくれました

 
 
 
 
 
 
 
 
 
この材料も、もちろんカット前の
廃材利用です。
頑張ってくださったNさん
本当に、ありがとうございました

 
 
 
みんなの工夫で、本当にエコ
暖房ができた冬でした
 
 
 
来年の冬も、また
心も身体も、ぽかぽか
芯から暖まれる癒しの施設で
あり続けたいと
思っています。
 
 
 
 
 
 
 

NPO法人障がい者支援の会すまいる
就労支援センターすまいる
            理事長:伊藤智佳子      
所在地:〒869-1219 熊本県菊池郡大津町大林1027番地
電話・fax:096-294-1230 
 
 
 
 
 
 
 

すまいるブログ  バックナンバー一覧